Asymmetric Digital Subscriber Line

 
 

 

2006年9月8日 ADSLスピードが急速にダウン

8月28日の週辺りからすこぶる調子が悪いのです。 ブラウザでのWEB表示に非常に時間が掛かる、時にはタイムアウト、ブラウザだけでなくメールソフトにて受信中にもタイムアウトしてしまうことが頻繁に発生する。 これでは無線LANは使い物にならないので、仕方なく有線LANに戻さざるを得ない状況。

下記NIFTYの50Mbpsコースに変更してから、今まで同じような現象は何回かあった。 その度に一時的に有線LANに戻して様子を見ていたのだが、数日で回復していた。 しかしかながら今回は回復するどころか、有線LANでも話にならないのだ。 その都度モデムとPCを何回も再起動すると若干回復、しかし数日後また全然繋がらないことがあるのだ・・・一体どうなっているのだろうか? 

本日も会社から戻ると子供がネットに繋がらないという。 メールの受信もできない・・・、LANコードを何回もつなぎ変えたり、モデムとPCを何回も再起動してようやく、なんとかましになった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2006/09/09 00:01:40
回線種類/線路長/OS:ADSL/2.5km/Windows XP/-
サービス/ISP:ACCA 40Mbps/nifty
サーバ1[N] timeout
サーバ2[S] timeout
下り受信速度: downtest skipped

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ネットはようやく繋がったがADSLが頻繁に切れる、速度測定不可能の状況

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2006/09/09 00:20:36
回線種類/線路長/OS:ADSL/2.5km/Windows XP/-
サービス/ISP:ACCA 40Mbps/nifty
サーバ1[N] 2.67Mbps
サーバ2[S] 2.61Mbps
下り受信速度: 2.6Mbps(2.67Mbps,334kByte/s)
上り送信速度: 1.1Mbps(1.18Mbps,140kByte/s)
診断コメント: ACCA 40Mbpsの下り平均速度は5.1Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、線路長が2km以上であれば問題ありません。(下位から20%tile)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

少し回復しましたが、有線LANでの数字ですよ!!! かつては無線でも4Mbpsレベルは出ていたというのに・・・

下記2005年1月のレベルと比べれば全然遅いですね、一体どうなっているのでしょうか?

 

2005年1月25日 最大50Mbpsコースに変更

@NiftyのADSL ニュースタンダードコース、下り回線速度:最大50Mbpsに変更、やはりNTTからの距離2.7kmの影響で期待したほどスピードは上がらず。

測定サイト http://www.bspeedtest.jp/ v2.3.3
測定時刻 2005/01/25 22:15:18
回線種類/線路長/OS ADSL/2.5km/Windows XP
キャリア/ISP/地域 ACCA 50Mbps/nifty/東京都
ホスト1: WebArena(NTTPC) 4.5Mbps(1764kB,3.3秒)
ホスト2: SAKURAインターネット 4.6Mbps(2244kB,3.9秒)
推定最大スループット: 4.6Mbps

2005年1月7日 無線LAN導入

新しいPCには、ASUSのIEEE802.11g/b対応無線LANがon boardでついている。これを利用しないて手はない。従い、BUFFALOのWLA2-G54を購入。これでパソコン周りが若干すっきりした。

親機と子機のメーカーが違っているのでうまく設定できるか若干不安だったが、やっぱり苦戦。あとから解ったが、最初は有線で?いでから無線LANの設定をすべきだったと反省。

結局、「ASUS WLAN Control Center」を開いて「Survey」から「Search」をクリックすると親機のSSIDが見つかるので「Connect]をクリックすることで繋がった。あとこれだけでは無防備ゆえ、セキュリティを設定する必要があるのだが、これはしばし勉強してからとしたい。接続スピードは若干ダウン、仕方ないレベルと思う。

測定サイト http://www.bspeedtest.jp/ v2.3.3
測定時刻 2005/01/23 01:11:46
回線種類/線路長/OS ADSL/2.5km/Windows XP
キャリア/ISP/地域 ACCA 26Mbps/nifty/東京都
ホスト1: WebArena(NTTPC) 3.7Mbps(1441kB,3.3秒)
ホスト2: SAKURAインターネット 2.8Mbps(974kB,2.8秒)
推定最大スループット: 3.7Mbps

2003年12月24日 駄目だースピードが大幅ダウン!!

このところ急にスピードが鈍くなり平均1M程度しかでません・・・一体どうなってるの?? 12Mのときの方がよっぽど早かったじゃないの! Niftyサポートによるとモデムの電源を一回切るか、再起動してくださいとのこと。祝、解決。

測定サイト http://www.bspeedtest.jp/ v2.3.3
測定時刻 2003/12/24 22:58:12
回線種類/線路長/OS ADSL/1.5km/Windows 2000
キャリア/ISP/地域 ACCA 26Mbps/nifty/東京都
ホスト1: WebArena(NTTPC) 770kbps(264kB,2.0秒)
ホスト2: SAKURAインターネット 790kbps(539kB,3.9秒)
推定最大スループット: 790kbps

2003年11月2日 僅かながらスピードアップ!

Niftyに回線を調整してもらった結果、0.3Mbps程度スピードアップ実現。これが限界なんでしょうか?

約3.8Mbps →  約4.1Mbps

測定サイト http://www.bspeedtest.jp/ v2.3.3
測定時刻 2003/11/02 12:45:55
回線種類/線路長/OS ADSL/1.5km/Windows 2000
キャリア/ISP/地域 ACCA 26Mbps/nifty/東京都
ホスト1: WebArena(NTTPC) 3.5Mbps(1441kB,3.6秒)
ホスト2: SAKURAインターネット 4.1Mbps(2244kB,4.6秒)
推定最大スループット: 4.1Mbps

2003年10月22日 NTTおよびNiftyからの返事

予想通り、NTTからは本件に関しては、DSL事業者に聞いてほしい、NTTでは回答できませんというような返事であった。Niftyからは距離について以下のような回答であった。結局、スピードを左右するNTTからの距離は「直線距離」ではなく「回線の距離」であって、これは通常500mから1km位誤差があるとのことらしい。

/////////////////////////////////////////////////////////////

お客様はアッカ・ネットワークスのホームページでご確認いただける
距離測定の結果についてご連絡いただいておりますが、こちらはNTT 収容局から設置先電話番号までの直線距離となります。実際の電話回線はビル、住居、道路などを複雑に迂回して配線されておりますため、直線距離とは異なります。

 お客様の回線状況については以下にご案内いたしますので、ご参照ください。

【回線状況】

線路長:2,712m
・線路長:ADSLは様々な影響を受けやすいサービスとなっておりますが、 約2kmを超えたあたりから速度や接続状態に影響を受ける場合もあります。

伝送損失:38dB
・伝送損失:伝送損失の理想は30dBに対して増減10dBと言われております。

直流抵抗値:898.1オーム
・直流抵抗値:直流抵抗値は距離が伸びたりブリッジタップなどがある場合
に数値が大きくなることもあります。 600オームに対して増減 100オームが理想と言われております。

ブリッジタップ数:1個
・ブリッジタップ:NTT の回線設置にあたって分岐が生じる箇所に設置され
ている場合がございます。ブリッジタップの個数はNTT 側の工事によって増える場合もございます。

手ひねり接続箇所:3箇所
・芯線を接続した際に手作業でひねりがございますと抵抗値が高くなります。

ISDN回線収容状況:同一:0、隣接:0、一つ飛び:0。
・ISDN回線の収容:ADSL回線はアナログ回線であるため、様々な影響を受け
る可能性がございます。電話回線の収容ではISDN回線が側にございますと接続に影響する場合もございます。


/////////////////////////////////////////////////////////////

2003年10月14日 NTTからの距離??


ADSLはNTTからの距離が大事という。もともとNTT東日本のサイトで距離を確認したら、2.7kmと表示される。何回かNTTから自宅まで歩いたことがあるのだが、所要時間25分位だから、2.7kmは大げさにしても2km位かなーとずっと思っていた。だからあまりスピードが出ないのかなーと思ってあきらめていたのだった。

ところが本日ふと思い立ち、実際に歩いて実測を測ってみた。その結果はちょうど1kmぴったり。またACCAのサイトで距離が測れることに気がつき早速確認してみた。

そうすると1.4kmと表示されるではない。NTTの2.7kmは何だったのだろうか??1.4kmでこのスピードは納得いかない。早速NiftyおよびNTTに調査を依頼した。

2003年10月12日 ADSLハイスピードコース(ACCA 26Mbps)に変更、しかしスピードあがらず。

9月末までADSL回線変更料の無料キャンペーンだったので、ハイスピードコースへの変更申し込みました。早速Niftyからメールが届き、10月8日開通予定とのこと。

10月5日に新しいモデム、富士通製 FA-11-M2が届きました。10月8日夜、早速モデムを取替えスピードチェック、だが結果は12M時とほとんど変わらず、3.8Mbps程度しかでない。その後昼夜時間帯を変えて何回か測定してみたが変化なし。

NTTの測定サイトで距離を測ると2.7kmとでるが、実際にNTTから家まで歩いてみてもそんなにあるとは思えない。1.5M時には平均1Mbpsでていたのに、12M、26Mと速度を上げるにつれて酷くなってきた。

さすがにNiftyに調査を依頼しました、どんな返事が来るか楽しみです。

測定サイト http://www.bspeedtest.jp/ v2.3.3
測定時刻 2003/10/12 17:39:29
回線種類/線路長/OS ADSL/2.0km/Windows 2000
キャリア/ISP/地域 ACCA 26Mbps/nifty/東京都
ホスト1: WebArena(NTTPC) 3.8Mbps(758kB,2.1秒)
ホスト2: SAKURAインターネット 3.7Mbps(1764kB,3.9秒)
推定最大スループット: 3.8Mbps

2003年5月3日 ADSLスピードアップ?!

久しぶりに測定サイトでスピードをチェックしてみたら、ちょっとあがっていた。別に設定も変えてないし、モデムのファームウェアも変えてない。何もいじってないのだが、今までの平均スピード2.9〜3Mから下記のとおり3.5Mレベルにあがったのだ。モデムまでのリンク速度も500kbs程度改善されている。一度Niftyに問い合わせしてみようかなと思っていたのだが・・

測定サイト http://www.bspeedtest.jp/ v2.3.2
測定時刻 2003/05/03 00:57:30
回線種類/線路長 ADSL/2.0km
キャリア/ISP ACCA 8Mbps/nifty
ホスト1 WebArena(NTTPC) 3.61Mbps(1441kB,3.3秒)
ホスト2 SAKURA 3.61Mbps(1764kB,4.0秒)
推定最大スループット 3.61Mbps(451kB/s)

測定サイト:http://www.musen-lan.com/speed/ Ver2.2001
測定日時:2003/05/03 00:55:22
1.WebARENA / 3292.053kbps(3.292Mbps) 421.14kB/sec
2.WAKWAK / 3259.167kbps(3.259Mbps) 416.93kB/sec
3.ASAHI-Net / 3363.503kbps(3.363Mbps) 430.28kB/sec
推定転送速度 / 3363.503kbps(3.363Mbps) 430.28kB/sec

ちなみにアップロード速度は

<アップロード速度>
データ転送速度: 825.26kbps (103.15kB/sec)
転送データ容量: 1000kB
転送時間: 9.694秒
-----------------------------------------------------
測定日時: 2003年05月03日(土) 00時56分
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/
利用ブラウザ: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Q312461)

今までと同じであった。

2002年11月19日 ADSL 12Mに変更

Nifty(ACCA)で既存1.5Mユーザーの12Mの変更が可能になったので、早速11/7に申し込んだ。その後、11/19開通である旨の連絡が来た。その2-3日前に12M用のモデム、FLASHWAVE 2040 M1が送られてきた。事前に説明書を読んだが、いままでACCAでPPPonAでだったが今回からはPPPonEとなって市販のブロードバンドルーターも利用できるとのこと。11/18までは、いままでの1.5Mが普通に利用できたが、2回ほど繋がらないことがあった。いままではそんなことはまったくなかったのだが・・が、それもPCを再起動すれば繋がるようになった。

11/19会社から帰ってきて、PCを起動させるが、インターネットには繋がらない。工事の結果1.5mは使えなくなっただろうか? プロコトルがPPPonEに変わったからであろうか?、いずれにしてもPCの電源を切って新しいモデム、FLASHWAVE 2040 M1に付け替える。スピリッター、電話線も新しいモデムに付属のものに変更する。ブラウザでモデム設定画面を開いてNiftyのID/PASSWORDをいれるだけ。あっさり繋がった。早速測定サイトでスピードチェック、2.95M、予想より遅い・・・1.5Mのときにコンスタントに1.2Mでていたので5M位は期待していたのだが・・

それではMTUおよびRWINの値を変えてみようと思った。まずは、ここで現状の値を分析(MTUは1454、RWINは覚えてない)、ここのページとかここのページでいろいろ調べてみたらMTUは1500にするのがベターなようで、EditMTUを使って変更トライしてみる。だが、再起動しても変更されない。MTUは1454のまま。次にすでにインストールしてあった窓の手でトライ。やっぱり1454から変更できない。直接レジストリもいじったりしたが、パソコンが不安定になってしまって、Windows2000再インストールしか方法がないかな、と思っていたが、WINFAQの掲示板で質問してみると、FLASHWAVE 2040 M1はMTU1454以上には出来ないということが解った。結局ここのアドバイスに従いMTU1448 RWINも幾つか試して64768としている。スピードは約3.15M、リンク速度が3.7Mしかでてないので、こんなものかなーと思う。でも1.5Mの時に1.2Mもでていたから考えると納得は出来ないと思う。

◆デフォルト

測定サイト http://www.bspeedtest.com/ v2.0.8
測定時刻 2002/11/20 23:07:37
回線種類/線路長 ADSL/1.5km
キャリア/ISP ACCA 12Mbps/nifty
ホスト1 WebArena(NTTPC) 2.95Mbps(974kB,2.8秒)
ホスト2 at-link(C&W IDC) 2.80Mbps(1441kB,4.2秒)
推定最大スループット 2.95Mbps(369kB/s)
コメント ACCA 12Mbpsとしては標準的な速度です。(3/5)

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト:http://www.musen-lan.com/speed/ Ver2.2001
測定日時:2002/11/20 23:43:24
1.WebARENA / 2691.679kbps(2.691Mbps) 344.33kB/sec
2.PLALA / 1061.643kbps(1.061Mbps) 135.81kB/sec
3.ASAHI-Net / 2739.256kbps(2.739Mbps) 350.42kB/sec
推定転送速度 / 2739.256kbps(2.739Mbps) 350.42kB/sec

測定サイト http://www.bspeedtest.com/ v2.0.8
測定時刻 2002/11/21 22:25:22
回線種類/線路長 ADSL/1.5km
キャリア/ISP ACCA 12Mbps/nifty
ホスト1 WebArena(NTTPC) 3.06Mbps(1441kB,4.0秒)
ホスト2 at-link(C&W IDC) 3.04Mbps(1441kB,3.9秒)
推定最大スループット 3.06Mbps(383kB/s)
コメント ACCA 12Mbpsとしては標準的な速度です。(3/5)

◆MTU 1454 RWIN 520352

測定サイト http://www.bspeedtest.com/ v2.0.8
測定時刻 2002/11/23 01:36:28
回線種類/線路長 ADSL/1.5km
キャリア/ISP ACCA 12Mbps/nifty
ホスト1 WebArena(NTTPC) 3.05Mbps(1441kB,3.9秒)
ホスト2 at-link(C&W IDC) 3.05Mbps(1441kB,3.9秒)
推定最大スループット 3.05Mbps(382kB/s)
コメント ACCA 12Mbpsとしては標準的な速度です。(3/5)

◆MTU 1454 RWIN 65044

測定サイト http://www.bspeedtest.com/ v2.0.8
測定時刻 2002/11/23 01:58:25
回線種類/線路長 ADSL/1.5km
キャリア/ISP ACCA 12Mbps/nifty
ホスト1 WebArena(NTTPC) 3.09Mbps(1441kB,3.9秒)
ホスト2 at-link(C&W IDC) 3.06Mbps(1441kB,3.9秒)
推定最大スループット 3.09Mbps(386kB/s)
コメント ACCA 12Mbpsとしては速いほうです。(2/5)

◆MTU 1448 RWIN 65044

測定サイト http://www.bspeedtest.com/ v2.0.8
測定時刻 2002/11/23 02:12:41
回線種類/線路長 ADSL/1.5km
キャリア/ISP ACCA 12Mbps/nifty
ホスト1 WebArena(NTTPC) 3.08Mbps(1441kB,3.8秒)
ホスト2 at-link(C&W IDC) 3.15Mbps(1441kB,3.7秒)
推定最大スループット 3.15Mbps(393kB/s)
コメント ACCA 12Mbpsとしては速いほうです。(2/5)

測定時刻:2002/11/23(土) 13:0:55
計測サイト:http://www.broadland.jp
対象サーバー:@nifty
回線種類:ADSL12M
計測結果:
  ■テストタイプN:2.984Mbps
  ■テストタイプB:3.027Mbps
※B値、N値のバランスがとれています。

◆MTU 1448 MTU 64768

測定サイト http://www.bspeedtest.com/ v2.0.8
測定時刻 2002/11/23 13:32:20
回線種類/線路長 ADSL/1.5km
キャリア/ISP ACCA 12Mbps/nifty
ホスト1 WebArena(NTTPC) 3.11Mbps(1441kB,3.8秒)
ホスト2 at-link(C&W IDC) 3.16Mbps(1441kB,3.7秒)
推定最大スループット 3.16Mbps(395kB/s)
コメント ACCA 12Mbpsとしては速いほうです。(2/5)

測定時刻:2002/11/23(土) 13:45:13
計測サイト:http://www.broadland.jp
対象サーバー:BroadLand
回線種類:ADSL12M
計測結果:
  ■テストタイプN:3.048Mbps
  ■テストタイプB:3.119Mbps
※B値、N値のバランスがとれています。


ちなみにアップロード時は

◆デフォルト
------------ Broadband Networking Report ------------
<アップロード速度>
データ転送速度: 803.22kbps (100.40kB/sec)
転送データ容量: 1000kB
転送時間: 9.960秒
-----------------------------------------------------
測定日時: 2002年11月20日(水) 23時44分
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/
利用ブラウザ: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Q312461)
-----------------------------------------------------

◆MTU 1448 MTU 64768
------------ Broadband Networking Report ------------
<アップロード速度>
データ転送速度: 825.00kbps (103.12kB/sec)
転送データ容量: 1000kB
転送時間: 9.697秒
-----------------------------------------------------
測定日時: 2002年11月23日(土) 20時44分
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/
利用ブラウザ: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Q312461)
-----------------------------------------------------

B.2001年 10月11日、NiftyでACCA 1.5Mbps ADSLが無事開通!

1.ADSLとは?

ADSLとは「Asymmetric Digital Subscriber Line」の略称。xDSLと呼ばれるデータ通信方式の1つである。DSLを直訳すると「デジタル加入者線」という意味になり、ISDNと混同しそうだが、実際には電話局とユーザーを繋いだメタル線(加入者線)を用いてデジタル通信を行うことを示している。頭に付く「Asymmetric」は非対称という意味。何が非対称なのかというと、データ伝送速度だ。一般に、インターネット接続はユーザーから見ると圧倒的にデータは受信量のほうが多く、送信量は少ない。これを利用して、受信を高速、送信を低速にして効率良く通信するのがADSLの特徴。

ADSLは、前述の通り電話局とユーザーを結んだメタル線を利用する。このメタル線は音声通話では一部の周波数帯域しか使用していないので、空いている、より高い周波数帯域を利用してデジタルデータ通信を行うのがADSLだ。したがって既設のメタル線を利用し、音声通話と同時にインターネット接続ができる。

2.Nifty申し込み

もともと、Yahoo BBを申し込んでいたが、何の連絡もないので、あきらめ、2001年9月25日にNiftyで申し込みをした。CMで有名なACCA 1.5Mbpsを選択。モデムは当初USBを選んだが、よく考えたらモジュラージャックからPCまでの距離が離れているのでUSBケーブルでは無理と判断し、少々高いがルータータイプのモデムを選択した。回線は当然とことながら、電話回線共有タイプ(タイプ1)を選択。

●ルータータイプ
16,800円(キャンペーン価格、通常21,300円)

●回線タイプ タイプ1
電話回線共用タイプ

●月額費用
3,980円 (〜10月、11月より2,980円に値下げ)

●NTT回線使用料
187円

NTTの適合検査登録日が10月1日に終了し、開通予定日が10月11日との連絡がくる。

3.LANアダブター購入

今まで何故かLANボードは買ってなかったので、新規購入することとする。
だが、PCIスロットの空きが1つしかないので、LANカード埋めてしまうのは嫌だったので、少々割高だが、USBタイプの10/100M Ethernetを探すこととし、秋葉原でBUFFALO(メルコ)のLUA2-TXを購入。LANケーブルは10Mのストレートケーブルを併せて購入。帰ってPCに換装、問題なく認識される。

4.いつ開通?

モデムが10月10日到着。
開通予定日が10月11日だったので、てっきり10月11日 0:00に繋がるものと勘違いしており、10日の夜からモデムを繋いで準備をしていたが、0:00を過ぎてもモデムのランプが点滅を繰り返すだけで、繋がる見込みはない。これはノイズが原因か?とも思ってモデムを電子レンジから離したりしてみたが、一向に繋がる見込みはない。

10月11日の朝、ACCAのサポートに聞いてみたら、11日中にNTTの工事が行われるという。工事終了したらNTTから、連絡があるか?と尋ねたら、ある場合もあるしない場合もある、と言う。また、NiftyのADSLフォーラムを覗いてみたら、結構トラブルが多いようで心配になる。ついでにNTTに電話をかけて中継局からの距離を聞いて見たところ、1.5km位という。実際に地図で直線距離を図ってみたら1kmちょっとくらいだった。

5.いよいよ開通

会社から帰ってきて早速モデムをチェックしてみる。
ランプが点滅を繰り返したあと、無事点灯、工事が終了し繋がったようだ。
NTTからの工事終了の電話はなかったようだ、だが女房によると、午前中、一回だけの呼び出し音の電話が2回ほどあったとことで、そのときに工事をしていたのかも知れない。あとは説明書どおりPCでモデムを設定するだけ。Niftyの場合、IDをXXXXXXXXX@nifty.comとしなければならない点が注意必要。IEを立ち上げてテストをしてみた。Yahooがさっと立ちあがる、早い早い、これなら快適である。


6.IEの問題点、原因はMcAfeeのVirusScan

だが、問題点がひとつあった。このところ、IEの調子が悪く、よくフリーズしてしまう。また、リンクをクリックしてもやたら反応が悪いことが多かった。但し、IEで別ウインドウを開いてそちらで操作すると比較的安定する。当方はIEのトラブルだと思って、ADSL開通後、IE6.0にアップグレードしてみたが状況は同じ。今度はIE6.0をアンインストールしてIE.5.5 SP2にしてみる。だが同じ現象、これはW98を再インストールかな、と思ってたら、WinFSQでウイルスソフトのMcAfeeVirusScanのMCSCAN32.DLLのせいであることが判明。最新版のVirusScan Onlineに変えたら、完全に直ってしまった。VirusScan4.XXでウイルス定義のDATファイルを4153(8月初旬)にアップデートしたらこの不都合が発生するようだ。 迷惑な話だ。

7.お決まりのスピード調査

ブロードバンドスピードテストのサイトでADSLスピードを調査してみる。

A.Win98SE

測定時刻 2001/10/13(土) 16:20:29
回線種類 ADSL
回線業者 ACCA 1.5Mbps
プロバイダ nifty
データサイズ 757.435kB
伝送時間 5.18秒
ホスト1 WebARENA 1.14Mbps
ホスト2 WebARENA(2) 1.15Mbps
ホスト3 pos.to 1.17Mbps
ホスト4 pos.to(2) 1.17Mbps
推定スループット 146kB/s
推定スループット 1.17Mbps

B.W2K

測定時刻 2001/10/13(土) 23:01:02
回線種類 ADSL
回線業者 ACCA 1.5Mbps
プロバイダ nifty
データサイズ 195.165kB
伝送時間 1.23秒
ホスト1 WebARENA 1.17Mbps
ホスト2 WebARENA(2) 1.18Mbps
ホスト3 pos.to 1.28Mbps
ホスト4 pos.to(2) 1.27Mbps
推定スループット 159kB/s
推定スループット 1.27Mbps

1.17-1.27Mbps、結構良いスピードと思う。
他のサイトでもチェックしてみたが、W2Kの方が若干早かった。

同時期に友人が他のプロバイダーでもADSL申し込んでいたが、まだ何の予定も立っておらず、Niftyは9月25日申し込みで、10月11日開通、約2週間というのは結構早いといえる。もちろんエリアにもよるでしょうが・・・

8.ブロードバンドルーターは必要?

今はPC一台だけの接続だが、いずれ複数台接続を考えなければならない。
それとセキュリティもブロードバンドルーターを導入すると強化されるという。
だが、NiftyのADSLフォーラムには、ブロードバンドルーターを導入すると繋がらなくなったという例があり、それを解決するにはブロードバンドルーターの機能を使わず、単にハブとして使えば良いという書き込みもある。ちなみにNiftyホームページには複数台のPCを接続するためには、100Mbps/10Mbps自動対応ハブとクロスケーブルが必要と書いてある。果たしてブロードバンドルーターは必要なのだろうか?

9.PPPoA or PPPoE

いろいろ調べてみるとADSLへの接続方法はプロバイダー/接続業者の種類によって、PPPoAタイプとPPPoEタイプがある事が解った。
また、モデムタイプもブリッジタイプとルータータイプと2種類ある事も解った。
専門的なことは理解できないのだが、解りやすく言えば、PPPoA接続の場合はモデムはルータタイプとなり、これはブロードバンドルーターと同等の機能があり、複数台PCを繋ぐためのハブのみが必要となるが、PPPoE接続の場合はモデムはブリッジタイプとなり、複数台PC接続のためには、ブロードバンドルーターが必要とのこと。

また、NTTのフレッツADSL等ではPPPoE接続となり、アッカやイーアクセスなどではPPPoA接続となると言う。従い、複数台PC接続のためにはハブのみ購入すれば良いということである。勉強になりました。

10.MTUの値の調整によるスピードアップ

なおいろいろADSLについて調べているとWin95やWin98ではモデムスピードを28kbpsや56kbpsに併せて設定してあり、ADSLのスピードを生かしきれない設定になっていることを発見。それを改良するためにはレジストリのMTUとRWINの値を変える必要があるようだ。

そこでここのページを参考にして、レジストリのMTUとRWINの値の書き換えに挑戦。

測定時刻 2001/10/20 13:11:27
回線種類 ADSL
事業者 ACCA 1.5Mbps
プロバイダ nifty
ホスト1 WebArena 1.41Mbps(333kB,2.4秒)
ホスト2 pos.to(IDC) 1.24Mbps(333kB,2.6秒)
推定スループット 1.41Mbps(176kB/s)

結果は見事にUP。
だが、このあと何回か計ったが1.2Mbpsレベル。
奥が深い。